キャスト

光枝 明彦(モリー・シュワルツ教授)Akihiko Mitsueda

 http://www.omitsu.com/

劇団青年座を経て、「ラ・マンチャの男」、「歌麿」に出演。その後、劇団四季に入団。圧倒的な歌唱力とコメディーセンスを持ち合わせた卓越した演技力で、30年余にわたり主要キャストとして活躍。「ジーザス・クライスト=スーパースター」、「キャッツ」、「アスペクツ・オブ・ラブ」など日本のミュージカル史に残る名作に数多く出演している。2006年退団後は、「ルーマーズ」、「TITANIC the musical」「DAMN YANKEES-くたばれ!ヤンキース-」、「ウーマン・イン・ホワイト」、「ドラキュラ伝説」、「シラノ」、「アイーダ」、「グレイ・ガーデンズ」、「アントニーとクレオパトラ」、「アンタッチャブル」に出演する他、ナレーションやテレビにも出演。また、アルバム「Dream with Me」のリリースやライブなど音楽活動も好評を得ている。

吉原 光夫(ミッチ・アルボム)Mitsuo Yoshihara

 http://actmitsuo.exblog.jp/

99年に劇団四季研究所に入所。主な出演作品は、「ライオンキング」主演シンバ役・ムファサ役、「美女と野獣」ガストン役、「ジーザス・クライスト=スーパースター」ユダ役・シモン役のほか、「ユタと不思議な仲間たち」「はだかの王様」「夢から醒めた夢」「青い鳥」「ジョン万次郎の夢」など、数々の舞台でメインキャストとして出演。劇団四季退団後、2009年にArtist Company響人(ひびきびと)を創立。「哀しみと息子たち」「お月さまのジャン」「オーファンズ」「Doubt」などに出演する傍ら、演出も手掛ける。11年、帝国劇場100周年記念公演「レ・ミゼラブル」の主演ジャン・バルジャン役に抜擢され、32歳の歴代最年少バルジャンとして注目をあびる。2011年10月、ミュージカル「サイドショウ」に出演予定。

土居 裕子(ジャニーン・アルボム)Yuko Doi

 http://homepage2.nifty.com/p-crea/doi/d_top.html

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。ミュージカル劇団「音楽座」の主演女優として『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』『マドモアゼル・モーツアルト』『星の王子さま』など多くの作品で活躍。退団後はミュージカルだけでなく、幅広いジャンルの舞台に出演。主な出演作品に『紙屋町さくらホテル』『國語元年』『東京裁判三部作~夢の裂け目・夢の泪』ミュージカル『マリー・アントワネット』『タン・ビエットの唄』『わが町~音楽劇版』、live@クリエ(土居裕子&小原孝ジョイントコンサート)、CD「ローレライ」「日本の心をうたう」など。芸術選奨文部大臣賞・新人賞、読売演劇賞・優秀女優賞を三度受賞。

小原 孝(音楽監督・ピアノ演奏)Takashi Obara

・公式WEBサイト「小原孝のピアノサロン」
 http://www2.odn.ne.jp/~cau57200/

・「ジル君ミュージックショップ」 
 http://www.obaratakashi.net/

・NHK「弾き語りフォーユー」ホームページ
 http://www.nhk.or.jp/fm/hikigatari/

神奈川県川崎市に生まれ。クラッシックギタリストの父の影響を受けて6歳の頃よりピアノを始める。国立音楽大学大学院を首席で修了、クロイツアー賞受賞。大学を経て国立音楽大学大学院を首席で修了。終了後、本格的に音楽活動を始める。
1990年、CDデビュー以来30枚以上のソロアルバムをリリース。最新アルバムは「小原孝のピアノ詩集~SWEET MEMORIES~」(松本隆作品集)・「小原オリジナル全曲集2~星になって~」10月発売。
全国各地でコンサート活動を行う他、多数のテレビ・ラジオへの出演。NHK-FM「弾き語りフォーユー」のパーソナリティーを担当。13年目に入り現在も好評放送中。8~9月には一昨年に続き、2度目となる教育テレビ(ETV)ピアノレッスン番組「あなたもアーティスト!小原孝のピアノでポップスを弾こう」講師を担当。奏楽堂日本歌曲コンクール優秀共演者賞を3度受賞、作曲部門「中田喜直賞」も受賞。近年はソロ・伴奏の演奏活動に加えて舞台の演奏、音楽監督、作詞、作曲、編曲、歌手、音楽教育など様々な音楽活動にも力を入れピアノを自由に操るマルチピアニストストとして活動。さらに趣味で始めた水泳では第6回ベストスイマー賞を受賞。チャリティー活動も積極的に行う。現在 川崎市市民文化大使 尚美学園音楽大学客員教授 国立音楽大学非常勤講師

真部 裕(バイオリン演奏)Yu Manabe

 http://www.yumanabe.com

2002年東京芸術大学音楽学部を首席で卒業。在学中よりスタジオワークを始め、チェリスト丸山朋文氏、ジャズピアニスト森下滋氏、など多彩なジャンルの音楽家と協働、自身でも「セレブ弦楽四重奏」を結成してアルバムをリリース、国内のみならず、ワールドツアーを行っている。2010年、自身初のアルバム「Borderless」をリリース。近年、真部裕strings として多くの映画音楽やJ-POP などのアレンジ、レコーディング、ライブを行う傍ら、ヴァイオリン界の巨匠、中西俊博氏とツインヴァイオリンセッションを行うなど、精力的に活動を行っている。
これまでにソリストとして、東京フィルハーモニー、東京藝術大学管弦研究部。ソロコンサートマスターとして、仙台フィルハーモニー、神奈川フィルハーモニーと共演している。テレビ出演では、NHK BSふれあいホール、BSあなたが選ぶ映画音楽、シブヤライブ館等,多数に及ぶ。様々なジャンルから影響を受けたスパイシーな表現の絶妙なミックス具合が、数多くのアーティストから厚い信頼を得ている。

キャスト

原作 ミッチ・アルボム“Tuesdays with Morrie”
(『モリー先生との火曜日』日本放送出版協会刊)
脚本・訳詞 高橋 知伽江
音楽監督 小原 孝
演出 山崎 義也
     
照明 雑賀 博文((株)ステップアップ)
音響 (株)サンフォニックス
舞台監督 神谷 憲司
     
宣伝美術 街風 建雄/村松 七重
プロデューサー 横井 克裕/山下 真智子(NPO法人 リトル・クリエイターズ)
後援 日本ALS協会
協力 (有)ジル
企画・製作 「モリー先生との火曜日」上演実行委員会